なぜ牛タンといえば仙台?

焼肉と言えば日本全国、老若男女問わず人気の高い食べ物ですが、焼肉という大きな枠でくくられる料理を更に細分化することができます。

牛たん炭焼 利久 一番町やなぎ町店 【トリップアドバイザー】

焼肉、ホルモン焼き、牛タン焼きなど、数多の専門店で色々な焼肉を食べることが出来ますが、例えば焼肉については在日の朝鮮人が大阪に多く居たことから大阪が発祥と言われています。しかし、朝鮮半島の人は昔から日本に多く居た為、真偽のほどは定かではありません。



そんな中、牛タンだけは日本中でも「仙台の名物」として認知されています。
仙台まで行かずとも、近くの焼肉屋さんに行けば何処にでも必ずメニューに有る人気の一品ですが、何故「仙台名物」と言われるのでしょうか?

仙台において牛タンが食べられるようになったのは戦後のことだと言われています。

戦後の食糧難の時期に仙台に駐留していたアメリカ兵が食べなかった牛肉の余剰部分を利用し、その余った部位の中で牛タンが美味しかったから広まった、という説もあるようですが、実際はそうではないようです。

観光情報 各種パンフレットのご紹介 | 仙台観光コンベンション協会

というのも、進駐軍が食べていた牛肉はアメリカ本土で解体済みのものを輸入していた為、その中に牛タンは殆ど無かったというのが事実のようで、実際に仙台で牛タンを広めたのは飲食店の経営者の努力でした。

当時は戦後の混乱の中で手軽に開業できた飲食店として、焼鳥屋が多かったようです。当時は食材の入手が困難な為、焼鳥と言っても鶏肉に限らず、牛肉でも豚肉でも手に入る畜肉を焼いて提供していたようです。

焼鳥屋を始め、徐々に飲食店が増えてきた仙台において「他の店に無い料理を出したい」と思った人物が洋食のタンシチューを食べ、その美味しさに感動して、何とか牛タンを焼いて提供したいと研究を始めました。

努力の甲斐あって現在の牛タン焼きの元祖となるものが完成し、地元仙台では少しずつ広まっていったようですが、この時点で特に牛タン焼きを仙台名物と称した訳ではないので、このお店と店主が仙台の牛タンを全国的に有名にした訳ではなく、その後も戦後の復興の中、昭和40年代までは仙台と周辺地域で地元の人に人気を博している程度でした。

戦後復興から成長期へと差し掛かる昭和50年代に入り、仙台駅のすぐ近くに店舗を開いた飲食店が店の看板に大きく「仙台名物牛タン焼き」と謳ったことが、牛タン焼きを仙台名物として世に広めた直接の要因のようです。

時代の流れと共に交通事情も整ったことで、東京など他の地域から仙台を訪れた人が「仙台名物」という看板を見て牛タンを食べ、その知名度を広げていったのが実情のようです。