自動車損害賠償保障法とは

マイカーを保有していると、いろいろな税金であったり、法律であったりというのを意識させられると思います。まず、車を購入する際に税金が掛かります。その後、車を保有し続けるのにも税金が掛かります。当然車を走らせるに当たって必要なガソリンにも税金が掛かっていますし、さらに、売却するにしても、処分するにしても税金が掛かります。

バイクの登録・廃車 ≪ 中野区公式ホームページ

もちろん、それぞれの税金が必要な項目には、それに伴った法律があります。しかし、税金、法律以外にも車を保有する上で重要なことがあります。それが、自動車を保有する上で必要になってくる保険です。特に、強制的に加入が必要となる保険として、自動車損害賠償保険。いわゆる自賠責保険があります。これに伴う法律が自動車損害賠償保障法と呼ばれるものですが、自動車に乗っていると、本人がいくら気をつけていても事故の可能性は付きまといます。


この事故を起こした場合には、当然被害者、加害者が出てくるわけですが、ここで法律が何もなければ、責任がどちらにあるのかの判断が難しくなります。その為、運転者側に厳しい決まりごとが定められているものですが、この影響もあり、歩行者や、自転車と車が接触事故などを起こした場合には、まず車の方の過失が大きくなります。加害者とはいっても中には100%相手が悪いと思えるような場合でも、余程確かな目撃者や、映像でもない限り過失なしとなることは無いようです。

大和市/原動機付自転車(125cc以下のオートバイ)等の手続方法

もっとも、強制的でも保険に入っているからこそ、実際に事故があった際でも、双方どうしようもないという事がなく、何らかの賠償がなされるという事を考えれば、納得も出きる法律であり、保険でないかと思います。しかし、強制といいながらもまれに保険が切れている状態で運転している人もいるので、そのような人と事故を起こした場合には、相手方が何かと示談にしたがったりしますが、その場を逃れたら一切シラを切りとおすという場合が大半のようですので、事故処理等になれていないようであれば、中途半端に情を掛けたりせず、警察を呼んで処理してもらう事をおすすめします。